【読書】「A4一枚」から始める最速の資料作成術:稲葉崇志先生

【読書】「A4一枚」から始める最速の資料作成術:稲葉崇志先生

こんにちは!プレゼン上手になりたいMegumiです☆

今回ご紹介する本はこちら


【タイトル】「A4一枚」から始める最速の資料作成術 社内プレゼン一発OK! 
【著者】稲葉 崇志先生
【出版社】CCCメディアハウス 
【こんな人におすすめ】
・資料作成に悩んでる人
・大学生、社会人になりたての人
・資料作りが増えた人

なぜ「A4用紙1枚」でいいのか??

理由はめちゃめちゃシンプルでした!

「つくりやすい」「わかりやすい」

私も仕事で会議資料やプレゼン資料を作る時がありますが、作りながら正直「これ、絶対全部読まないでしょ…」っと思う時があります。

何が言いたいのか、大事なのか、文字が多くて参考書っぽい…っと思う時もあります。

A4用紙1枚にまとまっていれば、パッと見やすくさらに書くスペースが、限られるので大事な事だけにまとまります。

作りても「つくりやすく」そして読み手も「読みやすい」資料ができるそうです☆

「目的」「ターゲット」「メッセージ」

資料を作る前にまず「ドラフト(下書き)」を作る事が、大切なんでだそうです。

本ではドラフトを作る上で、「目的」「ターゲット」「メッセージ」を決定するために作ります。

資料作りにおいて、「目的」「ターゲット」を明確にしてくことは大切だそうです。「何のために」「誰に」がわかっていないと、どんな資料を作ってい良いのかわからないからだそうです。

「メッセージ」で大切な事は「伝えたいこと」ではなく目的を達成するために「伝えるべきこと」を書くことです。

「伝わりやすい資料」

見た目に凝るのは最悪なんだそうですww

もちろん見やすい事は大切なのですが、そもそも資料作りも目的は「キレイにつくる事」ではないので、特に社内資料で見た目をキレイに作れないという悩みの本質を間違えているんだそうです!

私もつい、デザインとか色の配色にこだわって「キレイな」資料を作ろうとしてましたが、結構バッサリと切られちゃいましたww

1スライドに1メッセージや「Z読み」になるようになど、資料作りのノウハウがわかりやすくまとめられていました!

まとめ

そもそもなんのために資料を作成しているのかをちゃんと知って置くとこが大切だと思いました。資料を作る事が目的ではなく、その先の結果にこだわる資料作り。私もたまに、これ何のためにやってるんだっけ??っと言うことがあるので、目的意識をしっかりもって行動していきます☆

余談ですが、稲葉崇志さんのオフィスはなんとあの有名な「中銀カプセルタワービル」なんだそうです!気になっていたので、ちょっと羨ましいです^^

稲葉崇志先生

組織人事コンサルタント、株式会社メイクセンス代表取締役。

京都生まれで静岡育ち、筑波大学大学院 ビジネス科学研究科 経営システム科学を卒業後、NTTドコモや日本IBMなど大手の会社で働いたあと、2019年4月に株式会社メイクセンスを設立しています。

モバイル通信技術を利用した情報システムの提案や導入に携わったり、NTTデータ経営研究所では民間企業に対する情報戦略や組織戦略領域のコンサルティング、中央省庁や地方公共団体、業界団体からの委託による調査研究案件を数多くリードするなどの実績を残し、その後人事系シンクタンクの研究員としての勤務を経て独立をしてます。

株式会社メイクセンス:https://mksense.co.jp/about/

稲葉崇志先生公式LINE:http://nav.cx/acs53yJ

グラフィックレコード:ネコっちさん

まさにA4一枚でわかりやすく伝わる「ネコっち」さんのグラフィクレコード!

稲葉崇志先生の公式LINEに登録すると、可愛いくわかりやすいグラレコがもらえますのでぜひ、登録して見てください!

ネコっちさんグラコレ

ネコっちさんオフィシャルサイト:https://nekotch.jimdo.com

今回紹介した本


【タイトル】「A4一枚」から始める最速の資料作成術 社内プレゼン一発OK! 
【著者】稲葉 崇志先生
【出版社】CCCメディアハウス 
【発売日】2019/3/20
【ページ数】224ページ
【こんな人におすすめ】
・資料作成に悩んでる人
・大学生、社会人になりたての人
・資料作りが増えた人

ビジネス書カテゴリの最新記事