【読書】誰も君のことなんて気にしていない。神田勘太郎

【読書】誰も君のことなんて気にしていない。神田勘太郎

こんにちは、Megumiです。
今回ご紹介する本はこちら


【タイトル】誰も君のことなんて気にしていない。
【著者】神田勘太朗先生(カリスマカンタロー)
【出版社】きずな出版
【こんな人におすすめ】
・他人の目が気になる人
・自分に自身がない人

自分で自分のことを気にする。

私は結構承認欲求が強くそれでうまく行かない事も多いのですが、

「気にしてもらおう」願えば願うほど、努力は常に空回りするでしょう。

まさに、天気予報のごとくズバリと言われてしまいました…

確かに、誰かに認めてもらおうと努力すればするほど、虚しい気持ちになっていくなって思います。

まずは、自分で自分を認める事から始めよう。

確かにそうだなって思いました。

自分が自分のことを認めずに誰かに、承認してもらおうと想うこと自体がおかしいのだと思いました。

自分の「ワクワク」を大切にすること

まずは自分が何が好きなのか、何がワクワクするのかをちゃんと知る事が大事だそうです。考えても、見つからない時は、ワクワクする「人」を探すといいそうです^^

カンタローさんは自他ともに認めるワクワクする人と本の中でも書いてあり、確かに先日の講演会を聞いていただけでも、この先どうなって行くんだろうっとワクワクしました!

もしくは、

「これをやったら元気になる」というものをひとつ作ってしまう

そうです!

その人を好きになる理由

若いころからものすごい経験をされているカリスマカンタローさん。講演会でもおっしゃってましたが、彼女ができたときしてその子がカンタローさんのこと好きって想ってるより自分の事が好きと話をしていて、すごいなっと思いながら聞いてたのですが、そんなカンタローさんも母親とご飯をしていたさい、自分のことばかり話をしていたら、そのあとに送られた手紙の内容に驚きましたw

内容は・・・・・是非本を読んで確認してみて下さいw

自分を好きでいることも大事ですが、同時に謙虚な心も大切だなと感じました。

まとめ

しっかりと自分が自分認めて上げることが大切なのだと思いました。そして、ちゃんと自分を知ること、何にワクワクし何が楽しいのか何が好きなのか、頭で考えるのではく実査に体験してみるのが一番の近道かも知れないですね!

今回紹介した本


【タイトル】誰も君のことなんて気にしていない。
【著者】神田勘太朗先生(カリスマカンタロー)
【出版社】きずな出版
【発売日】2019/4/19
【ページ数】240ページ
【こんな人におすすめ】
・他人の目が気になる人
・自分に自身がない人

先日参加したカリスマカンタロー先生の講演会

ビジネス書カテゴリの最新記事