【読書】憂鬱な毎日はいますぐやめなさい:岡崎かつひろ先生

【読書】憂鬱な毎日はいますぐやめなさい:岡崎かつひろ先生

こんにちは!Megumiです。

今回ご紹介する本はこちら


【タイトル】憂鬱な毎日はいますぐやめなさい
【著者】岡崎かつひろ先生
【出版社】きずな出版 
【こんな人におすすめ】
・憂鬱な毎日を送っている人
・仕事がうまくいかないなと感じる人

憂鬱はどこからくる?

「期待」と「現実」のギャップが憂鬱を生み出している

ちょっと衝撃でした!びっくりでも、読んでいくと確かにそうだなっと思います!

 「期待」通りの結果になっていないから「憂鬱」になる。だから憂鬱な時は何に期待してるかを知る必要がある!今の現状をちゃんと知るって大事だと思いました!

 なにが不満なのかどうすれば解決できるのか、憂鬱な時は紙に書き出してちゃんと解決していきます。

私が選ぶ!

自分ではない何かに選択させられてしまったと思っている人は、うまく行った時はいいのですが、うまくいかなかった時必ず「被害者意識」が生まれます

なるほど!っと思いました。なにをするにしても、自分が決めた!と思えば気持ちも楽だなって感じました^^

確かに、やらされている時特に上手く行かないときは、あの人に言われたから、とか誰かのせいにしてしまいがちだなっと思いますが、自分から選んで行動してるときは、たとえ上手く行かなくても自分が選んだのだからしょうがないっと思えるなって思います。

自己評価

努力を評価していいのは自分だけです。まわりに努力していることの評価を求めることは辞めましょう。

私は結構承認欲求がつよく、これは耳が痛いなっと思いました(;´∀`)

確かに、他人のばかり気になってるときはどんなに頑張ってもたとえ「努力してるね」と評価されてもなんか満たされないなって思います。

でも、自分で全力で努力したときって誰も見ていなくても、自分で自分のことを認められるなって気がします。

まとめ

憂鬱が生まれることは決して悪いことではなく、自分が自分に期待してる証拠でもあるんだと思いました(∩´∀`)∩

だからこそ、何に期待しているのか?そうなるにはどうしたいいのか?っとひとつひとつ紙に書き出すないして、頭の中を整理して後はそれを行動に起こすだけ、なのかと思いました☆

憂鬱が生まれた時は、どうなりたいか?を知るチャンスですかね??

岡崎かつひろ先生

埼玉県で生まれ、ソフトバンクに入社後、4年で独立。現在は株式会社DW、他2社を立ち上げ飲食店や小売事業、旅行事業、コンサルティング事業など多方面で活躍をされています。

2014年にオープンしたダイニングバーSHINABSHIでは、港区売り上げNO1を達せするほどの人気店となりメディアにも取り上げられるほどです。

また、「全国・講師オーディション2015」の決勝にも残り、講演会では毎回400名以上も集まり、累積動員数は10万人を超えています。

「すべての人の最大限の可能性に貢献すること」を企業理念に活動し、「日本の学びを変える」を最近のテーマし多くの若者のメンターでもあります。

最近ではユーチューバーデビューもし、活躍の場をより広げています。

岡崎かつひろ先生HP:https://okazakikatsuhiro.com/prof/

岡崎かつひろ先生公式LINE:https://line.me/R/ti/p/%40caj5048n

今回紹介した本


【タイトル】憂鬱な毎日はいますぐやめなさい
【著者】岡崎かつひろ先生
【出版社】きずな出版 
【発売日】2019/1/22
【ページ数】224ページ
【こんな人におすすめ】
・憂鬱な毎日を送っている人
・仕事がうまくいかないなと感じる人

ビジネス書カテゴリの最新記事