【読書】寝たら死ぬ! 頭が死ぬ! ―87歳現役。人生を豊かにする短眠のススメ:櫻井秀勲先生

【読書】寝たら死ぬ! 頭が死ぬ! ―87歳現役。人生を豊かにする短眠のススメ:櫻井秀勲先生

こんにちは!Megumiです。

今回ご紹介する本はこちら


【タイトル】寝たら死ぬ! 頭が死ぬ! ―87歳現役。人生を豊かにする短眠のススメ
【著者】櫻井秀勲先生
【出版社】きずな出版
【こんな人におすすめ】
・忙しい人
・常識に捕らわれてる人

まずは試してみる

私は医学の新設はあまり信じません。そんな説より自分で試みる事が大事だからです。

確かに、睡眠に関してはいろいろな説が出ていますが、結局何が正しいのかというのは人によって違うのかなっと思いました^^

まずはいろいろ試してみて、自分にあった睡眠法を見つけていくことが一番早いのかなと思います!ちなみに櫻井社長は「疲れたら寝る」がモットーだそうです!

満足度

不満を抱えて8時間眠っても、眠った気がしません。反対に満足たっぷりで寝たときは、3時間でも十分です。

確かにそうだなって思います^^確かに仕事や恋愛が上手くいっていなときは何もやる気が起きなくてベットの上に1日いても全く眠れた気がしな時もありました(;^ω^)

逆に上手くいってるときは確かに睡眠時間が短くても元気だなって思います^^

仕事や恋愛、金銭…普段からどれだけ自分に満足度を与えているか?一度きりの人生思いっきり楽しんでいきます(∩´∀`)∩

まとめ

年を重ねただけでは老いない。理想を失うときに初めて老いがくる。

睡眠に関して諸説いろいろありますが、一番は自分が普段どれだけ満たされているか?に寄るのかなっと本を読んでいいて感じました^^

起きている時間にどれだけ仕事や恋愛、人生を楽しんでいるかが睡眠の櫃に関わって来るのかなって思います(*^▽^*)

櫻井秀勲先生

東京都生まれで、現在はウーマンウエーブ代表取締役会長、きずな出版代表取締役社長をされています。

東京外国語大学を卒業後は光文社に入社し、31歳で女性週刊誌「女性自身」の編集長に抜擢されると、なんと毎週100万部発行の人気週刊誌にまでに育て上げています!

さらには遠藤周作、川端康成、三島由紀夫、松本清張などなど歴史に名を残す作家との交友関係を持つ伝説の編集長です!

その後、55歳で独立をしその時に『女がわからないでメシが食えるか』で作家デビュー2019年現在ではなんと200冊を超える本を書かれています!

今回紹介した本


【タイトル】寝たら死ぬ! 頭が死ぬ! ―87歳現役。人生を豊かにする短眠のススメ
【著者】櫻井秀勲先生
【出版社】きずな出版
【発売日】2018/2/24
【ページ数】200ページ
【こんな人におすすめ】
・忙しい人
・常識に捕らわれてる人

ビジネス書カテゴリの最新記事