【読書】運の技術 AI時代を生きる僕たちに必要なたった1つの武器:角田陽一郎先生

【読書】運の技術 AI時代を生きる僕たちに必要なたった1つの武器:角田陽一郎先生

こんにちは!Megumiです。

今回ご紹介する本はこちら


【タイトル】運の技術 AI時代を生きる僕たちに必要なたった1つの武器

【著者】角田陽一郎先生
【出版社】 あさ出版
【こんな人におすすめ】
・運を味方に付けたい人
・運の技術を実用的に知りたい人

やってみよう!!

やりたいと思った仕事が舞い込んだら多少不安要素があっても迷わずやるのが正解

「なんでこんな時に!?」「これやってみたいけど状況が整ってない…」っというたタイミングで面白い話などが来ることがありますが、チャンスって結構そうゆう時に来ることがむしろほとんどな気がします。

よく「状況が整うのを待っていたら人生が終わる」っという話を聞きますが、まさにそうだなっと思いました(^O^)

チャンスの神さまは前髪しかない、という話を大尊敬している方から聞いたことがありますが、やりたいのならまずは「やってみる」ということが大事なのかなと思いましたo(^▽^)o

自分の武器とは

「なんでもいいから若いうちに若さ以外にひとつ見つけておけ」

若さにも期限があるし、同じ「若い」だけならたくさんいるなって思います。

「若い」だけが武器ならいずれは失ってしまうもの、そうなる前に自分はこれ!というものをしっかりと見つけておくことが大事なのだと思いました!

10代や20代で世の中で「凄い」っと言われている人はまさに、若さ以外の武器をちゃんと磨いているからなのかと感じました(*´▽`*)

まとめ

運というのは「富士山に登ろうと思ったら悪天候で登れなかったから、隣の山に登っちゃったけど、意外と絶景だった」みたいなこと。

なんとなく思うのは、運がいい人は「あきらめない人」「行動力がある人」なのかなと感じました^^

「こうゆう時どうするか?」と常に前にすること、プラスになることを考え行動しているからこそ、運が味方するのだと思います(∩´∀`)∩

角田陽一郎先生

千葉県に生まれ、現在はバラエティプロデューサーとして活躍をされています。

東京大学を卒業後、TBSに入社し、「さんまのスーパーからくりTV」「中居正広の金曜日のスマたちへ」「オトナの!」の人気番組を担当した名ディレクターです。

その後は、TBSを退社しバラエティプロデューサーとして独立をして、西野亮廣さんや佐渡島庸平さんなどのトップクリエイターとともに、テレビの枠に収まらずにライフ&ビジネススタイルの創造にチャレンジしているそうです。

さらに、明石家さんまさんや、堀江貴文さんなど超有名芸能人や著名人の方とも親交が多いんだそうです。

今回紹介した本

【タイトル】運の技術 AI時代を生きる僕たちに必要なたった1つの武器
【著者】角田陽一郎先生
【出版社】 あさ出版
【発売日】2018/6/15
【ページ数】256ページ
【こんな人におすすめ】
・運を味方に付けたい人
・運の技術を実用的に知りたい人

ビジネス書カテゴリの最新記事